スポーツサポーターの選び方とは

サポーターとは、身体動きを補助するために身に付けるものです。一般的には、伸縮性のある素材でできていることが多く、さまざまな種類があります。付ける場所は、膝や肘、かかとや太ももなど多岐にわたります。特にスポーツサポーターと呼ばれているものは、主にスポーツを行う時に身に付けるもののことを言います。

何かしら痛みがある部位や、以前を怪我した場所などに着用することで、動きを補助する役割を担っているのです。一度怪我をした場所にスポーツサポーターを身に付けることには、怪我の再発を防ぐという意味合いも込められています。また、テーピングで固めるほどではないけれど、このままではパフォーマンスに不安が残るという場合にも、スポーツサポーターが必要です。スポーツサポーターは、身体のどの部位に付けたいのかを確認してから選びます。

自分の関節部位で、どこが痛むのか正確に把握しておきましょう。膝の痛みが強いならば膝用、腰の痛みが激しいならば腰用を選ぶようにすれば、失敗することはありません。サポーターのサイズや素材、機能によっても値段は異なります。自分の目的や補助したいレベルに応じた商品を的確に選ぶことが必要です。

試合の際に、怪我をフォローしたいという時は、専門家に相談してから選ぶことをおすすめします。身体にぴったりとフィットするものでなければ、身に付けていてもあまり効果は期待できません。怪我が再発したりひどくなったりしないように、サポーター選びには注意が必要です。ダイエットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*