スポーツサポーターの効果と選び方

スポーツをしていて怪我をしてしまうと、怪我が治った後にもけがした箇所の負担を減らして保護し、怪我の再発を予防するためにテーピングなどで固定することがあります。スポーツサポーターはこのテーピングと同じように使用することができます。テーピングは一度使い終わったらはがして捨てますが、スポーツサポーターは布製で洗濯することもできるため繰り返し使えます。また、テーピングは巻き方が決まっているので知識がないと巻くことができず、うまく巻くためにはコツが必要で自分で巻くことは怪我の部位によっては難しいのに対してスポーツサポーターなら簡単に装着、脱着ができます。

スポーツサポーターは科学的に計算されて設計されているので、効果的に体の負担を減らしてくれるためより怪我のリスクを減らすことができます。スポーツサポーターを利用するには保護したい部位や使い道に合わせて選びます。腕なら肘や手首、足なら膝や足首、かかとなど体の部位ごとに様々なサポーターがあります。同じブランドの製品であっても薄手の物から厚手のものがあり、使い心地や自分の体との相性やサポート力がそれぞれ違います。

自分の体や競技に合うサポーターを入手できるように、可能な場合は購入前に試着すると良いでしょう。自分の体に合わないサポーターでは効果的に使うことができないだけでなく、パフォーマンスの低下やケガの再発にもつながりかねないので慎重に選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*