プロテインはタンパク質補助食品で手軽に摂取

今ではすっかり耳慣れた言葉になっているプロテインですが、これはタンパク質のことです。タンパク質といわれて想像するのは肉や魚、大豆製品、卵や乳製品などです。これらは私たちが普段から摂取でしている大切な栄養素であり、これらが欠乏すると体に異変を起こします。毎日適度な量を継続して摂取することが大切です。

人間の体の中で、タンパク質は主に筋肉を作っています。また皮膚や内臓、爪や髪の毛も同様に作られています。さらに血液の中にもホルモンやヘモグロビンといった形で存在しており、体を構成する栄養素として非常に重要なのです。しかし、日ごろから肉や魚を摂取しているため「常に食べているから大丈夫」「タンパク質の摂取に問題はない」と考えている人が多いのですが、実は現代人はタンパク質不足といわれているのです。

現代人はタンパク質の摂取量は年々減少しているのが現状です。日本人の食事摂取基準に照らし合わせてみると、1日に必要なたんぱく質はその日に摂取するエネルギーの13~20%がよいといわれています。しかし、現代人はなかなかタンパク質を上手に摂取できない食生活になっているのです。そのため、プロテイン飲料やプロテイン配合の補助食品を使って手軽に摂取する方法が注目されています。

難しい計算や面倒な管理をして継続できなくなるよりも、市販のプロテイン等で確実に補うことができれば継続もしやすくなるでしょう。今ではスーパーやコンビニでも手に入りますから積極的に取りいれていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*