筋トレのメカニズムと食事と休息

近頃の研究によって運動効果を高めるのは、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせが大切だと言われております。以前はボディメイク系の競技では有酸素運動を行う選手は多くありませんでしたが、現在はこの運動効果に着目して有酸素運動を取り入れる選手が少なくありません。有酸素運動を筋トレに組み込むことで心肺機能に刺激を与えて、さらに高重量のバーベルなどを持ち上げることによって血管の中でホルモンが巡り、筋肉のバルクアップ効果が生まれるのです。有酸素運動を行うことで筋肉が引き締まり、筋トレ後の回復力が上がることも期待出来ます。

運動をする時にはウォームアップや整理体操、その後の運動と運動後のストレッチも忘れてはいけません。関節部に柔軟性を与えて、疲労の蓄積を軽減させながら血行を良くする効果が期待出来るからです。さらにプロテインなどを運動後の30分以内に飲めば、傷付いた筋肉のための補修物質であるたんぱく質が体内に取り込まれやすいという研究結果もあります。筋トレは例えば週3回行い、一日ずつ違う部位を鍛えて休息とトレーニングのローテーションをするなど、負荷と休息のバランスを考えて実施してゆくことが必要です。

筋トレによって傷付いた筋肉を、休息と夜間の睡眠によって回復させて、回復後には少しずつ筋肉が成長してゆきます。これがボディメイクやバルクアップと言われる現象の、原則的な効果なのです。そして回復時には積極的にプロテインなどでたんぱく質を補給して、バランスの良い食事を心掛けます。筋トレのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*